ときめきブログ

あなたのお役に立つ情報を提供しています。

未分類

分譲マンション・建売一戸建を買うならどちらを選びますか

投稿日:2024年2月29日 更新日:

   住む家を持ちたいと思う気持ちは誰でも同じです。

分譲マンションを購入して交通の便利なところに住んで有意義に生活したい、また、分譲一戸建を買って庭で犬を飼ったりバーベキューを家族でしたいという夢が持てます。

 

 

収入に応じて計画をたてて、どこのどいう物件がいいのか検討してみるのはどうでしょうか?

 

 

若い時は賃貸に住んでいて、また、親と同居したりしてますが、結婚を機会に分譲住宅・マンションを購入する人が増えています。

 

 

新築マンションでもいいし新築戸建住宅でもいい、中古でもいいとにかく自分の城を探している方。

 

 

焦っては購入してはダメです。
では、マンションと戸建住宅ではどう違うか?

 

 

 

分譲マンションを見てみましょう

   分譲マンションでも賃貸マンションでも共同生活です。

分譲マンションなら入居者で管理組合を作って管理規約に沿って生活をしなければなりません。

 

 

マンションの特徴は、立地の良さを第一に考えて環境・プラン・価格を重視して購入しましょう。

 

 

3LDK・4LDKの間取りで一部屋が5畳と5.何畳という間取り図をよくみますが狭いです。

 

 

なるべく一部屋は6畳以上にしたプランを選んでください。

その他セキュリティの充実、防犯カメラ・オートロック、公開空地がある場合公園もついている物件もあります。

 

 

 

鉄筋コンクリート造りのものが多いので、災害時の被害も比較的少なく済むと思います。

 

 

マンション業者は山ほどあります、その中から選ぶのであればどこが後々面倒見がいいかじっくりモデルルームを見学して、使っている材料とか設備はどのぐらいの物を設置しているかじっくり調べてください。

 

 

建築はマンション業者によってマチマチです。
壁のクロスも直張りか、ボードを張った上にクロスが貼ってあるか確かめましょう?

 

 

 

環境・プラン・プライス

環境は大事で周囲に何があって、買い物は便利か?小中学校は近くにあるか?問題のある学校ではないか?

 

 

プランとは間取りは希望に沿ってるか?

各部屋に備えつけの収納庫はあるか?ないと部屋が狭くなります。
プライスはどうか?

 

 

周囲の販売している所と見比べて購入してください。

一度購入すると後から文句言ってもどうにもなりません。

 

 

マンション購入には、返済と管理費と積立金とその他固定資産税がかかること忘れずにしてください。

 

 

 

戸建住宅をみてみましょう

戸建住宅も環境・プラン・プライスは同じです。

まず、戸建住宅と言っても一戸建てと一軒家は混同されやすいですが、ここでは建売戸建分譲です。

 

 

戸建住宅業者はマンション業者より多くありますから選ぶのに大変です。
マンションも土地代・建設費がかかりますが、戸建も同じです。

 

 

戸建ての方は管理費がかからない分、返済だけですみますが自分で管理・修繕をしなくてはなりません、

勿論固定資産税はかかります。

 

 

-未分類

執筆者:

関連記事

30代の化粧はナチュラルにメイクして誰よりも綺麗に見せよう

 女性にとって欠かせないのが化粧じゃないでしょうか。 化粧はやり方によって大きく効果が作用します。     上手に化粧をすれば何倍にも輝きますし、逆に下手なメイクをするとその人の良 …

コロナウイルスの予防には手洗い・うがい・ワクチンが効果的

猛威を振るうコロナは、空気感染で粘膜に付着すると移る、新型コロナ(武漢ウィルス)を誰が日本に持ち込んだのか?                             ▲ウィルス(イメージ) …

植物のある部屋でインテリアと共にゆとり生活で満喫しよう

 いい季節になった今日この頃ですが、山里にはウグイスが鳴き、まだぎこちない鳴き声の鳥もいて、ちょっぴり暖かい春がきた季節到来ですね。   田舎に住んでいる人は畑仕事をしながら鳥のさえずりを聴 …

賃貸物件を探すならどういう造りの部屋がいいか?どういう立地がいいか?

 賃貸物件をお探しのあなた、何を基準で決めますか? 家賃ですか?環境ですか?間取りですか? 造りですか?     迷ってしまいますね? 一生住む訳ではないと思いますが、購入する場合 …

子供の日・端午の節句の意味と由来はー古来中国が起源から来てる

   世間一般的に「こどもの日」と言うと、みんな5月5日だと知っていると思いますが、男の子のいない家庭で育った方にとっては、「端午の節句」というのは耳慣れない言葉なのかもしれませんね。   …