ときめきブログ

あなたのお役に立つ情報を提供しています。

骨粗しょう症

人体の骨には骨を壊す「破骨細胞」と骨を作る「骨芽細胞」がある

投稿日:2018年1月15日 更新日:

知っておきたい。

私たちの身体の骨の仕組みを、骨は私たちの身体を支え、運動を可能にするだけでなく、カルシウムなどミネラルの貯蔵庫としての役割、血液細胞を育てる造血器官としての役割など、多彩な機能を宿しており、脊椎動物の高度な生命制御システムを特徴付ける臓器です。

 

 

骨の恒常性は、破骨細胞による骨の破壊骨芽細胞による骨の形成の厳密なバランスにより維持されており、破骨細胞が古くなった骨を壊すことで常に新陳代謝を繰り返しています。

 

 

生まれつき破骨細胞を欠損した人や、破骨細胞が正常に働かない人は、重篤な「大理石骨病」を発症し、古い骨が蓄積することで骨が脆くなり、その生命予後は極めて悪いことが知られています。

 

 

破骨細胞は健康な骨を保つためになくてはならない重要な細胞ですが、一方で、破骨細胞が過剰に活性化してしまうと、骨粗鬆症、関節リウマチ、歯周病、がん骨転移といった様々な疾患に伴う病的骨破壊の原因になります。

 

 

破骨細胞が関与する様々な疾患の病態を理解し、新しい治療法の開発を目指す上で、破骨細胞がつくられる仕組みの全容解明が喫緊の課題となりますが、その詳細なメカニズムに関しては未だ不明な点が多く残されていました。

 

 

驚き!知らなかった〜「人体の ”骨“ が出す若返り物質」こんなに重要なんだ。

 

骨のことは、ただ身体を支えるだけだと思っていたけど重要なんですね。

 

 

身体を支える骨だけじゃない、重要な役割してる

の骨・ただ単なる骨だと思っていませんか?

「記憶力」「免疫力」「精力」が身体にバッチリ影響してます。

 

 

NHKで「人体 ”骨”が出す最高の若返り物質」記憶力・精力が回復をタモリと山中伸弥先生がNHKスペシャルで放送されました。

上記のタモリと山中伸弥先生をクリックしてください。その時の様子がみえます。

 

 

って人間の体にあることは誰でも知ってますよね?
単に体を支えるだけと思っていませんか?
ところがです。

 

 

骨の中には沢山の細胞が蠢き(うごめき)、なんと「身体全体の臓器を若くする」ための「特別な物資」を出しているんですって、驚きですよね。

 

 

骨粗しょう症は、閉経後の女性やお年寄りの病気と思ってませんか?
20代の若者であってもかかる可能性ある病気だって言うんです。
驚きです。

 

 

 

は3〜5年で全身の骨が入れ替わるんです、それは新しく強い骨を維持することで、疲労骨折などを防ぐためです。

 

 

体の骨って何本あるか知ってますか?
約200本で、この作り替えを行うのが、骨の中にいる細胞、骨を壊す「破骨細胞」と骨を作る「骨芽細胞」です。

 

 

 

 

れだけではありません「記憶力」「免疫力」「生殖力」も関係してくるんです。

 

    ▲ジャンプ運動をして「記憶力」「免疫力」「生殖力」を強くしてください。

 

 

スクレロスチンとは「破骨細胞」です。
「骨細胞」が出すメッセージ物質の一つで「骨を壊そう」「骨を作るのをやめよう」という命令を出します。

 

 

反対に「骨芽細胞」(オステオポンチン)がだすメッセージ物資は骨の中から血管を通じて全身に届けられ。

 

 

「記憶力」「筋力」「生殖力」まで若く保つ力があることがわかっています。

オステオポンチンが減少すると、骨髄内で生まれる免疫力が下がり肺炎といった病を引き起こすリスクががあります。

 

 

骨芽細胞を活性化するために、薬ではなく運動によってもスクレロスチンの値をコントロールできることがわかっています。
骨に衝撃を与えることです。

 

 

すなわちジャンプすることです。
いかに骨が人間にとって大事な臓器だと言うことがわかります。

 

 

腰痛改善・肩こり解消・ウエストダイエット(くびれ)に効果あり?
今なら無料で学べるチャンス!
リンパ無料講座開催中
2018年
01月13日(土)3席
01月15日(月)3席
01月27日(土)5席  終わりました。
01月28日(日)3席
01月29日(月)5席
※無料リンパ講座参加者にもれなく「リンパ療法師に転職をした体験談本」「WCSグループの季刊誌」プレゼント!

 

 

 

 

-骨粗しょう症

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした