ときめきネタブログ

旬のトレンドを知ってもらいたく書きます。

半分、青い。

『半分、青い。』の永野芽都の弟役の上村海成さんと女優の奈緒が岩村町に来る。

投稿日:2018年6月3日 更新日:

「半分、青い。」の出演者上村海成、奈緒さんが、えなてらす、いわむらの開設のセレモニーに登場。

  恵那市岩村町で平成30年6月1日に地元特産品等を扱う特設販売所「えなてらす、いわむら。」を新たにオープンされました。

 

 

そのセレモニーにわざわざ東京から上村海成さんと奈緒さんが来て挨拶して、岩村女太鼓実演をじっくりと聞いて感動する。

 

         ▲ここが明知線始発乗場「明智」駅行きで「岩村」駅下車。だいたい1時間に一本の割合で出ています。所要時間約20分ぐらいです。

 

             ▲ここ中央線「恵那」駅と第三セクターの「明知線」併用の駅舎

 

 

中央線「恵那」駅で降りて明知線に乗り換える横に、恵那市観光物産「えなてらす」がありますが、その姉妹店みたいな所が岩村にもオープンするセレモニーです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ここは、オリジナル商品や地元企業の商品を販売する観光物産館で、また、恵那市内のイベント情報・岩村城の情報

も入手できる場所です。

 

 

今人出の多い岩村町にも「えなてらす、いわむら。」をと考えたんじゃないでしょうか。

 

 

地元の特産品て何あるんでしょうか?

 

 

場所は「岩村まち並みふれあいの館」(恵那市岩村町263番地2)として観光客の案内所として活躍してた場所を改築して6月1日にオープニングセレモニーが開かれました。

 

▲これは飯高観音の前にある「かんのん茶屋」です。

 

スポンサードリンク

 

 

当日、飯高観音の横にある「かんのん茶屋」の五平餅のいい匂いが漂う会場近くで、通常なら1本160円の五平餅が、なぜか1本200円で販売してました。

 

不思議に思い「かんのん茶屋」へ電話して、問い合わせたら、出張代が‥‥当地の価格に合わせましたという返事でした。
こちらでは値上げしなくてず〜と160円で行きますと強い返事でした。

 

当日はオープンアトラクションで「岩村城女太鼓」なかなか見応えのある力強いバチ捌きの演奏でした。

    ▲4人でリズムカルに太鼓を叩く「岩村女太鼓」

続いて恵那観光協会会長の長い挨拶(挨拶は短く、女性のスカートの丈は短くがきてる人には喜ばれます)が終わり。

 

 

『半分、青い。』に出演中の鈴愛の弟(楡野草太役)の上村海成さんと同級生で地元に残った(木田原菜生役)の女優奈緒さんのミニトークが始まりました。

 


▲ミニトーク:今後、奈緒さんが、木田原菜生ちゃん役の私が恋愛をする場面が出くるという。
                     早太役の上村海成さんは、実は鈴愛役の永野芽都さんより年上ということを暴露した。

               ▲記念写真を一般に公開

 

 

ふくろう商店街が変わります。(撮影時6月1日)

➖昭和へタイムスリップ➖

ふくろうまつり開催→いまを昭和93年にみたて表示しています。

平成30年
6月17日(日曜日)AM11:00~PM15:00
7月28日(土曜日)PM19:00~PM21:00(この日は「ふくろう宵まつり」
8月 5日(日曜日)AM11:00~PM15:00(この日は岩村夏祭りは4日・5日)
8月26日(日曜日)AM11:00~PM15:00
10月6日(土曜日)AM11:00~PM15:00   (この日は岩村秋祭りは6日・7日)
11月4日(日曜日)AM11:00~PM15:00
                                   岩村本通り西町商店街を舞台↓下記を参照。
             【詳しく知るたい方は:恵那市観光協会岩村支部0573-43-3231まで問い合わせてください】


▲昭和47年の設定から「鈴愛」が東京から帰って来るため故郷の様子が変わる。

 

 

まだやり始めなのでセットは完成していませんが、6月1日の金曜日に行ってきましたので途中ですが載せます。


▲セットの準備が始まったばかり           ▲ふくろう商店街のアーチがかけられた。


▲着々と改装セットができつつある。


                                                                        ▲塀ができつつある町並み

     
                             ▲『半分、青い。』の切手シート売ってました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

-半分、青い。

執筆者: