ときめきネタブログ

旬のトレンドを知ってもらいたく書きます。

スクワット

スクワットのだだしいやり方でダイエットにチャレンジ毎日20回は実行しよう。

投稿日:2018年3月5日 更新日:

スクワットの効果が凄い!。1回のスクワットが腹筋100回の効果がある!。

そんなに効果があるの?

サプリを飲んで痩せる方法もあるが、リバウンドというリスクがあります。

 

 

 

スクワット の効果、1ヶ月チャレンジ方法で基礎代謝を高め、誰かに見せつけよう。

 

 

痩せたいならスクワットをオススメします。
スクワットは全身の筋肉が鍛えられ適度な筋肉がつき、姿勢もよくなるそうです。

 

 

毎日コツコツと続けることが大事です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

①『運動しないダイエットNGです!』

耳の痛い話ですが、一切食事制限のみのダイエットはお勧めできません。
その理由は基礎代謝を著しく悪化させてしまいますし、仮に痩せたとしても心と健康によくないからです。

 

 

基礎代謝が低下すると、ほんの少量しか食べていないのに以前よりも、太り易くなてしまうのです。
必ずと言っていいほど、リバウンドします。

 

 

自分自身に辛い苦しいを繰り返します。
これを長期間に渡って繰り返すと、摂食障害を引き起こす可能性があります。

 

ダイエットするなら必ず運動を取り入れて、それを習慣化する事をおすすめします。

 

 

②『腹筋はなぜ続かないのか!?』

筋トレのメニューは沢山ありますが、例えば、腕立て伏せや腹筋のような一部分だけのトレーニングは長続きしません。

 

 

特に腹筋は女性の方でもやられる方も多いですが、大抵長続きしません。
腹筋を収監するとなると根気と精神力がなければ難しいですね。
仕事から帰ってきて、いざやろうと思っても、疲れてやる気が起こりませんよね。

 

 
▲イメージ

 

やるなら全身が鍛えられるトレーニングです。

それが今回おすすめするスクワットです

 

 

スクワットは主に下半身を、鍛えるトレーニングと思われがちですが、正しくやることで全身を効率よく鍛えられます。

 

 

③『スクワットは全身の筋肉を鍛えられる!』

とにかくスクワットは、姿勢が大事なのですが、姿勢を微妙に変化させることによって、スクワットをしながら筋肉を鍛えられる事ができます。

 

 

女性の方々にとっては、くびれ・お腹、ヒップライン、姿

したいのであれば、腹筋よりもスクワットの方がエネルギーの消費効率が、いいんだそうです。

ですので、スクワットの方が少ない回数で脂肪を燃焼してくれます。

 

 

本当にスクワット一回が腹筋100回分の効果があるとされていて、それだけスクワットは全身の筋肉を鍛えられる証拠です
痩せている人の場合は、この限りではありません。

 

 

例えば痩せている方が、腹筋を割りたいのであれば、スクワットよりも、腹筋がいいそうです。

 

スポンサードリンク

 

 

④『スクワット運動で筋肉増強・基礎代謝をU P !』

基礎代謝とは普段私たちが自分の身体を動かすために必要なエネルギーのことをいいます。

 

 

人は1日に消費するエネルギーの総量の内の70%が基礎代謝と言われています。

 

 

そして基礎代謝の中で最もエネルギー消費が多いのが筋肉、つまり筋肉を鍛えることで筋肉の量を増やすことで基礎代謝量が増え太りぬくい体質に変わり、痩せやすい身体へと変わります。

 

 

これが筋トレと密接な関係になって行きます。

 

 

ふくらはぎを刺激するスクワット!、ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれ、全身の血液循環になくてはならないもので、人間が生きていく上で大切な部位です。

 

 

ですので、ふくらはぎのような、大きな筋肉を刺激する事で

筋肉量が増え、基礎代謝も UPするので、次第に汗を書くようになります。

 

 

汗が体内の老廃物を排出してくれるので、美肌効果も高まり、何よりダイエット効果が高まります。
また、スクワットを継続することで、太りにくい体質へと改善されます。

 

 

⑤『正しいスクワットのやり方』

スクワットを毎日しているという人もいるかもしれませんが、今のやり方は果たして正しいものなのでしょうか?

 

 

スクワットは、正しいやり方でやらないと、期待する効果が表れないどころか、腰や膝を痛めてしまう原因にもなりかねませんので、安全にきちんとした効果が期待できる、スクワットの正しいフォームをご紹介します。
まず、足を肩幅に開きます。

 

 

股関節が固い人は、肩幅より少し広めでも大丈夫です。
腰を落とす時には、後ろに置いてある椅子に腰掛けるようなイメージで、大体太ももが地面と平行になるくらいまで曲げましょう。

 

 

この時に注意したいのは膝がつま先のラインよりも、前に出ないようにすることです。
腰を落としきったら、ゆっくりと元の軌道をなぞるように体を戻しましょう。

 

 

これが基本的なスクワットの正しいフォームです。
決して誤解しないで欲しいのが、膝の曲げ伸ばしが目的ではないということです。

 

正しいフォームでやって見るとわかると思いますが、膝よりも意識したいのは腰です。

 

 

腰を中心に力をかけてしまうようなフォームでは、思わぬ負担をかけて後々痛みを感じるようになってしまうこともあるので気をつけましょう。

 

 

⑥『スクワットのペースはどのくらい!』
また、スクワットは1回15回から20回を目処に3セットをおすすめします。
やり過ぎてもよくないです

 

 

これで全身の筋肉量を増やしながら基礎代謝を高める事ができます。
これを週3〜4回行なうことによって、適度な筋肉がつき美しい姿勢が無理なく保てるようになります。

 

 

是非とも習慣にされ,長続きしてください。

 

スポンサードリンク

 

 

-スクワット
-

執筆者: