ときめきネタブログ

旬のトレンドを知ってもらいたく書きます。

未分類

熟れたバナナが驚くなかれ1本の栄養・糖質、優れた要素を持っている健康パワー。

投稿日:2018年2月28日 更新日:

驚きのバナナパワー

バナナは気楽に買って食べれる果物です‥目を見張るような栄養素があります。
低カロリー&栄養バランスが抜群。


▲当たり前のバナナです。

 

バナナ‥‥バナナ可食部100g当たりのエネルギー(100gの目安:中くらいのバナナ1本分)86Cal, ご飯:1/2杯分に相当、食パン:1/2枚分※6枚切り相当。

 

バナナ1本に含まれる

タンパク質‥1.1g(血液や筋肉など身体を作るエネルギーの本)
カリウム‥ 360g(免疫機能を健全に保つむくみの予防心臓、筋肉の機                             能を調整する)
マグネシウム‥  32mg(エネルギーの代謝を助け動脈硬化を防ぐカルシ                                       ウムの吸収を助け骨を形成する)
ビタミンB1‥0.05mg(糖質の代謝を助けるむくみを予防する代謝を                                         回復する)
ビタミンB2‥0.04mg(脂質の代謝を助ける肌や粘膜の健康を保つ)
ビタミンB6‥0.38mg(血圧を下げ筋肉や心筋の活動を正常に保つ貧                                         血を予防する)
ナイアシン‥    0.7mg(腸の健康を保ち便秘を防ぐ糖質や脂質の代謝を                                     助ける)
葉酸‥‥             26㎍(貧血防止で血色を良くする)
食物繊維‥          1.1g(便秘を予防する)
ポリフェノール‥ 1.1g(ストレスに強くなる冷え性を解消する)
セロトニン‥    1.0mg(ストレスに強くなる冷え性を解消する)
※トリプトファン

の栄養素が一本のバナナの含まれています。

▲イメージ

 

斑点があるバナナを毎日2本食べ続けた結果ヤバすぎた!

腹持ちも良く栄養価も高い果物として知られているバナナですが、熟している方が体にいい事知っていましたか?

 

黒い斑点が多くある健康効果を得る事が出来るんです。
今回はその驚くべき効果を纏めてみました。

 

スポンサードリンク

 

 

①胸焼け解消
熟したバナナには制酸済みのような働きがあり、免疫力を高めるリン脂質という成分が含まれています。
これが胃の粘膜に吸着し酸からの攻撃を守ってくれるのです。
胃のムカムカを解消してくれる他、胃潰瘍予防も期待できます。

 

②抗がん剤効果
熟したバナナには腫瘍壊死因子※1(TNF)を含まれていることが研究によって分かっています。

 

腫瘍壊死因子(しゅようえしいんし)とは、腫瘍細胞を壊死させるタンパク質で、ガンなどの悪性細胞に作用すものです。

 

また、白血球や抗酸化物質の増加を促し腫瘍や異常細胞の成長を抑えるにに、重要な免疫力を高める効果もあります。
 

※1腫瘍壊死因子とは:(英:Tumor Necrosis Factor,TNF)サイトカインの一種であり、狭義にはTNFはTNF-、TNF-β(リンホトキシン(LT)-)及びLT-βの3種類である。

 

TNF-は主にマクロファージにより産生された、腫瘍壊死因子といえば一般にTNF-を指していることが多い。
これらの分子は同一のの受容体を介して作用し、類似した生理作用を有する。

 

広義にTNFファミリーと称する場合にはFasリガンドやCD40リガンド等の少なくとも19種類以上の分子が含まれる。

 

③便秘解消
便秘解消にはバナナが良いというのは、聞いたことがあると思います。
バナナには植物繊維、善玉菌の餌になるオリゴ糖、便を柔らかくするマグネシウムや、気持ちをリラックスさせてくれるセラトニンが入って(含まれて)います。

 

④ストレス解消
最近、ストレスが溜まっていると感じている人にも、バナナがオススメです。
バナナは血糖値を正常値に保つのに効果があるとされています。
また、ストレスや疲労回復に良いビタミンBが豊富に含まれています。
バナナを食べてt、穏やかな毎日を送りましょう。

 

⑤体温調整
暑い季節がやってくるのは、また先のことですが、バナナに体温を下げてくれる効果があるのを知っていましたか?
熱がある時などにもおすすめです。
温かい場所でとれる食べ物には体温を下げる効果があるんです。

 

⑥心臓発作のリスク減
アメリカの研究によれば、熟したバナナには心臓発作や脳卒中のリスクを減らす効果があることが分かっています。


▲イメージ

 

バナナに含まれているカリウム心臓や脳の細胞の機能にとっても重要な成分で、血圧の抑制や心臓病の危険をを軽減してます。
カリウムの推薦摂取量は1日1,500mg。

 

※バナナ2〜3本に含まれる量です。
完熟バナナには凄い健康効果があったんですね〜。

 

 

スポンサードリンク

 

 

-未分類

執筆者:

関連記事

蜂蜜は純粋ハチミツを選ぶために、専門店でどの様なもを買ったらいいか?

本物の純粋蜂蜜は栄養の宝庫、値段は高いが良いものは良い。 純粋ハチミツとは。 皆さん純粋な蜂蜜って知ってますか?                     ▲本物の蜂の巣 簡単ですよね、ハチが …

七草粥とは、人日の節句(1月7日)に食する日本の行事食。のあれこれ!

七草がゆ 七草粥とは、知ってるようで知らない人が多いと思います。 七草がゆ・七草粥とは、人日の節句(じんじつのせっく)1月7日の朝に食べられている日本の行事食。   春の七草や餅などを具材と …

花粉の飛散量が多い時間帯は?晴れた日が多いか?雨の日が多いか?

 花粉症とは、特にスギやヒノキなどの植物の花粉が原因となるアレルギー 性の病気で、くしゃみ・鼻水を起こすつらい症状の病気です。        ▲杉の花                    …

インフェルエンザの潜伏期間は?症状によっては1日で治る薬あり、予防接種を受診。

冬が来ると、一気に風邪とインフルエンザの症状が気になる。 風邪とインフルエンザに共通する症状は、咳と喉の痛み、そして発熱です。 風邪はまず寒気が起きて、喉の痛み、鼻水、くしゃみ等の症状が出てきますが重 …

今年は誰に上げようかな〜バレンタインチョコ。迷ってる人必見!

聖バレンタインの本当のバレンタイン バレンタインの起源はローマ帝国発祥説。 当時ローマでは、2月14日は女神・ユーノーの祝日だった。 ユーノーはすべての神々の女王であり、家庭と結婚の神でもあります。 …