ときめきネタブログ

旬のトレンドを知ってもらいたく書きます。

骨粗しょう症

骨が、若さを生み出すことを認識して若さを取り戻して、青春を再び!

投稿日:2018年1月15日 更新日:

驚き!知らなかった〜「人体の”骨“が出す若返り物質」こんなに重要なんだ。

の骨・ただ単なる骨だと思っていませんか?

「記憶力」「免疫力」「精力」が身体にバッチリ影響してます。

 

 

NHKで「人体 ”骨”が出す最高の若返り物質」記憶力・精力が回復をタモリと山中伸弥先生がNHKスペシャルで放送されました。

 

 

 

骨って人間の体にあることは誰でも知ってますよね?
単に体を支えるだけと思っていませんか?
ところがです。

 

 

骨の中にはたくさんの細胞がうごめき、なんと「身体全体の臓器を若くする」ための「特別な物資」を出しているんですって、驚きですよね。

 

 

骨粗しょう症は、閉経後の女性やお年寄りの病気と思ってませんか?
20代の若者であってもかかる可能性ある病気だって言うんです。
驚きです。

 

 

 

は3〜5年で全身の骨が入れ替わるんです、それは新しく強い骨を維持することで、疲労骨折などを防ぐためです。

 

 

体の骨って何本あるか知ってますか?
約200本で、この作り替えを行うのが、骨の中にいる細胞、骨を壊す「破骨細胞」と骨を作る「骨芽細胞」です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

この種類が細胞の作り替えのバランスが崩れて起きるのが骨粗しょう症と言う病気です。

 

れだけではありません「記憶力」「免疫力」「生殖力」も関係してくるんです。

 

    ▲ジャンプ運動をして「記憶力」「免疫力」「生殖力」を強くしてください。

 

 

スクレロスチンとは「破骨細胞」です。
「骨細胞」が出すメッセージ物質の一つで「骨を壊そう」「骨を作るのをやめよう」という命令を出します。

 

 

反対に「骨芽細胞」(オステオポンチン)がだすメッセージ物資は骨の中から血管を通じて全身に届けられ。

 

 

「記憶力」「筋力」「生殖力」まで若く保つ力があることがわかっています。

オステオポンチンが減少すると、骨髄内で生まれる免疫力が下がり肺炎といった病を引き起こすリスクががあります。

 

 

骨芽細胞を活性化するために、薬ではなく運動によってもスクレロスチンの値をコントロールできることがわかっています。
骨に衝撃を与えることです。

 

 

すなわちジャンプすることです。
いかに骨が人間にとって大事な臓器だと言うことがわかります。

 

 

腰痛改善・肩こり解消・ウエストダイエット(くびれ)に効果あり?
今なら無料で学べるチャンス!
リンパ無料講座開催中
2018年
01月13日(土)3席
01月15日(月)3席
01月27日(土)5席  終わりました。
01月28日(日)3席
01月29日(月)5席
※無料リンパ講座参加者にもれなく「リンパ療法師に転職をした体験談本」「WCSグループの季刊誌」プレゼント!

 

 

スポンサードリンク

 

-骨粗しょう症

執筆者: